朝霧由章-病院物語

朝霧市にある病院にいきました。

最近足の指の間がすごく痒かったからです。

皮もむけてきているし、赤くなってきているし、かなり掻いてしまったせいで痛みも出てきていました。

朝霧市の大きな総合病院の皮膚科にいったのですが、そこはかなりよかったです。

きれいな院内でしたし、駐車場もかなり広くて快適でした。

待合室には子供のおもちゃなどもおいてありましたし、テレビもついていて子供もいつでも連れて行くことができるな、と思いました。

皮膚科の先生に、足の指の状態をみてもらいました。

そしたら、見ただけで先生は水虫です、といってきました。

水虫のイメージは、おじさんがなるというものしかありませんでした。

そのため、まさかまだ10代の女性の私がなるなんて思っていませんでした。

絶対に水虫ではないと思っていたので、水虫といわれたときは正直かなりショックでした。

なんで私がおじさんのなる病気にならないといけないんだ、と思いました。

絶対に彼氏には知られたくないと心から思いました。

でも皮膚科の先生は、薬をつけていれば治るから大丈夫といってくれました。

その日から、毎日夜眠る前に薬をつけるようにしました。

薬をつけることで、だんだんと症状は改善していきました。

今までものすごく痒かった足の指の間は、だんだんと痒みがおさまってきました。

薬を毎日塗るだけで、こんなに改善するんだと感じました。

私は銭湯が大好きで頻繁にいっているのですが、皮膚科の先生が言われるには、おそらくその銭湯で水虫に感染したんだろうということでした。

銭湯には共同で使うスリッパがあります。

そのスリッパを通して感染をしたんだろうといわれました。

その日から、その銭湯の共同のスリッパを使うのをやめました。

薬も塗っていますし、水虫の症状はかなり軽くなり、今は全く痒くなくなりました。

無事に彼氏にもばれることなく水虫を治療することができました。

本当によかったと思っています。

すぐに病院にいってよかったです。