30歳になった瞬間に結婚相談所へ

滋賀の結婚相談所結婚をしたいと思う時期というのはくるものです。

特に30歳になった瞬間に誰も付き合っている人がいなかったりすると、そういった気持ちになるものでしょう。

私もそうでした。

30歳になった瞬間に結婚相談所にお世話になろうと思ったのです。

私がお世話になったのは、大きな相談所でしたが、それでも最大手では程度の規模のところでした。

店舗もわりと小さく、一見何をしている店舗なのかはわからないけれど、それでもこぎれいになっていて、胡蝶蘭が飾ってあるようなところでした。

行ってみるととても話しやすく、条件などを話をしながら相談にのってもらうことができました。

入会の費用も安くはないのですが、それでも期待をしながらアドバイスをしてもらったことを覚えています。

そこで3人ほどの男性の紹介をしてもらうことができたのです。

しかし、実際にお会いできたのは2人でした。

一人は公務員で堅実でまじめな方でした。

条件としては良かったのですが、決め手がありませんでした。

ちょっと悪い言い方ですが、キープをしていたという感じでした。

それからもう一人はまじめな上場企業の研究員の人であって、少し代わっていました。

神経質な感じのする人でもあったので、あっさりと断りました。

その後も何人かの人との出会いが相談所を通してあったのですが、その恋は実ることもなく、結局期間が過ぎてしまって退会をしたのです。

キープしていた公務員の彼もほかに紹介してもらった人とのことで会う機会もなくなってしまったので、相談所関係の婚活は終了してしまったのです。

それからは友達や親戚を通したりしていろいろな出会いがありました。

中でもいとこの結婚式の二次会で出会った人と意気投合して、恋愛関係に発展したのです。

そして、2年ほどの時間をともにしてめでたく結婚をしたというわけなのです。

やはり結婚相談所を使ったということでは良い経験にはなったのですが、最終的には恋愛結婚をすることができてよかったと思います。

付き合っていた彼を見返してやろうという気持ちから

滋賀の結婚相談所私が相談所にお世話になろうと思ったのには理由があります。

それが以前付き合っていた彼を見返してやろうという気持ちからです。

彼との付き合いは4年にもなりました。

学生時代からのことだったので、当然結婚をするつもりでいましたし、彼も私にいずれは結婚をしようということを言ってくれていたのです。

しかし、状況が一変したのが彼が会社で異動になったことがきっかけでした。

私も仕事をしていましたし、転勤で遠距離になってしまったのですが、当初は長年の付き合いで安心感があったのです。

しかし、私の考えが甘すぎました。

地方にいる私と本社勤務になってしまって東京にいる彼との生活には隔たりがありました。

東京にはかわいい女の子もたくさんいますし、仕事関係でも誘惑がたくさんあったようです。

半年もしないうちに彼の態度が変わってきたのです。

それでも時々東京の彼のもとを訪れては掃除をしたり、食事を作ったりしていたのですが、修復をするのは困難でした。

彼は若い会社の女性と仲良くなっていて、新たな女性との道を選んだのです。

とても悲しく、つらい日々でした。

彼がいない人生というのは考えられなかったのです。

とても暗い毎日を送っていたのですが、相談をしていた友人からもほかに男性と出会う場に行ったほうがいいというアドバイスから合コンなどにも参加するようになったのです。

それでも気持ちは晴れずに結局は結婚相談所に行くことにしたのです。

相談所では複数の男性を紹介してもらうことができました。

今まで同級生だった彼なので、もっと大人の男性がいいと思い、年上を希望したのです。

5歳年上の人とそれをきっかけに付き合うようになったのですが、やはり今間でとは違って、本当に頼りになる存在になっていました。

その後、1年ほど付き合いを重ねて、結婚をすることになったのです。

まさか結婚相談所で知り合った人とゴールインするなんて、数年前の私には想像もできなかったことです。

まわりの友達が結婚

奈良の結婚相談所まわりの友達が結婚しはじめたのが27歳くらいでした。

大学の友人をはじめとして、高校や中学の友達、そして職場の同僚など、結婚式が毎週あるような6月もあったくらいで焦りを感じていたのです。

私も早く素敵な相手を見つけて結婚をしたいと思うようになったのです。

30歳を過ぎると急に結婚から遠ざかるといった先輩の言葉の気になってきて、29歳のときに結婚相談所に行ってみることにしたのです。

以前から興味があって、よく実家に電話が来たりしていたことを知っていたので、思い切って行くことにしたのです。

宣伝などでも知られている大手の相談所と中堅の相談所の2箇所で相談をすることにしました。

ともにそこそこ良い条件の相手との出会いもありました。

年齢も幅広く設定してあったのですが、やはり年が離れていると話がなかなか合わないということもあって、年が近い人とは友達のような感覚で知り合うことができたので、良かったと思っています。

しかし、最終的には正式な交際に発展することもなく、2箇所で登録した分というのは無駄とは思いませんが、それが新たな生活につながることがなかったのです。

結局、高校の同窓会で再会した彼と久しぶりに話をしてみて、友達だったのが、結婚の対象として考えるようになったのです。

そして32歳になったときに彼と結婚をしたのです。

今になってみると、結婚相談所に相談した話も笑い話として二人で話すことがあるのですが、経験としては悪くはなかったと思います。

ただ、全く知らない人と知り合って結婚をするまでの付き合いになるというのはとても難しいことだと感じました。

時々、相談所の宣伝を見たりすることがあるのですが、そういったところを利用して新しい人生を歩むことができる人たちもいるので、上手に利用をしていえば可能性もあるものです。

ですから、いろいろな例があることを知ってみることが大切です。

お金をかけずとも出会いはあるものなのです。